初めての訪問看護・・・不安だなあ、と思っている看護師さんへ

こんにちは。COCORO訪問看護ステーション西成の管理者をしている渡辺です。

有難いことにたくさんの求人をいただいております。

色々な方と面接をさせていただいていますが、ほとんどの方が訪問看護未経験者です。

そして皆さん「訪問看護に興味があるけど、周りからは大変だって聞いて不安です」と言われます。

今日は、そんな思いを持っている方へ、少しでも訪問看護の魅力が伝わればいいなと思いブログを書いてみました。

「訪問看護は難しい・大変だ」は本当?

訪問看護は「難しい、大変だ」と、よく耳にしますよね。

私も訪問看護を始めるまでは、そう思っており不安にも感じていました。

ですが、実際訪問看護を始めてみると、不安は全く感じませんでした。

病棟やクリニックなどと比べると細かい違いはありますが、看護を提供する場所が「病院やクリニック」ではなく「在宅」であり、単純に場所が違うだけだなと感じたからです。

業務内容も、日常生活の援助や、褥瘡の処置、服薬管理など、「看護を行う」という面では同じです。

中には、「緊急時にすぐに先生がいないから不安です」と言われる方もいます。

病院では「病気を看る」ため、急変のリスクやイレギュラーなことが多くありますが、在宅では「生活を看る」ため、基本的に落ち着いている方が多いです。

なので、急変時の対応などについてもあらかじめ指示をもらっておいて訪問に出向けば、その不安も軽減されるかなと思います。

訪問看護師になってよかったこと

訪問看護師になってよかったなと感じたことは、

・外の世界で仕事をするため視野が広がった
・日差しや風を感じ、気分がリフレッシュされる
・人間関係の煩わしさがなくなった
・自分のしたい看護ができるようになった
・利用者さんから看護師ではなく、一個人で認識されるようになった
・多職種の方と関わりコミュニティが広がった

このように、たくさんよかったなと思うことがあります。

病棟勤務時代もやりがいや楽しさを感じていましたが、
訪問看護を始めて、より一層看護が楽しくなったし、好きになりました。

不安に思うこともあるかもしれませんが、誰でも初めは初心者です。

そして、やってみなければわからないことだらけだと思います。

やる前から不安ばかり募って前に進めないのは、とてももったいないなと思います。

不安よりも「やってみたい」というワクワク感が勝り、訪問看護に進む方が増えてきたら嬉しいなと思います。

Follow me!